2016.11.19

第27回 泉区 福祉のつどい 







ブレイクタイム

医療法人 松田会松田病院 理学療法士 金子 亮太郎さん

ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ)という言葉をご存知ですか?

                      ロコモは骨、筋肉、関節といった運動を司る器官が低下した状態のことを言います。運動器官が低下した状態になると、
                          長時間歩けなくなる、関節が痛くなるなど日常生活にも影響を及ぼします。また
40歳前後から筋肉量が低下しやすくなり、
                      ロコモの状態に陥りやすくなります。
                      筋力低下のある人は、正常な人に比べ、
4.4倍転倒しやすいと言われており、骨折して介護が必要になるという人も少なくありません。

                             ロコモ予防や改善のためには筋肉をつけることがとても大切です。今回はいくつかロコモ予防の運動を紹介していただきました。
                            事業所などでも取り入れてもらえると嬉しいですね。





ロコモティブシンドローム予防体操の様子を動画でご覧いただけます

https://youtu.be/8S1qkFHhMTg



「福祉ネイリスト」さんによるネイル体験をしていただきました。







プライベートネイルサロン&スクール マルナニエ

http://miyagi1.fukushinail.jp/

マルナニエ ブログ

http://ameblo.jp/marunanie/

3.11 その後に戻る 


COPYRIGHT(C) 泉区福祉ガイドブック作成委員会 2015 All Rights Reserved.